日本酒ってどんなお酒?|平均買取額も紹介!

買取可能なお酒について

日本酒の買取事情

日本酒は、例えばワインやウイスキー、ブランデーなどの買取事情とは少し異なってきます。
日本のお酒で言うと焼酎もありますが、これとも違う、少し特殊な立ち位置と言えるでしょう。

日本酒は、そもそも買取を行っていない業者も少なくありません。
お酒の買取を専門としている業者であっても、「日本酒は取り扱っていません」というところもあるのです。

消費期限等が設定されているわけではありませんが、他のお酒と比べると劣化しやすい点と、洋酒のように世界中でニーズがあるわけではない点が主な理由でしょう。
ただ、積極的に買取を行っている業者も探せばいくらでも見つかるので、自宅に飲まない日本酒がある方は、オンラインで査定などを依頼してみることをおすすめします。

日本酒について

日本酒は醸造酒の一種で、米と麹と水を原料として作られるお酒です。
同じ醸造酒であるワインやビールよりもアルコール度数が高いのが一般的。
しかし、蒸留して作られる焼酎やウイスキー、ブランデーと比べるとアルコール度数はかなり低くなっています。

日本酒は、まず原料となる米を精製するところから製造がスタート。
洗米や浸漬、蒸米などを経て、麹を作ります。
蒸米、麹、水、酵母を合わせて“酒母”と呼ばれる日本酒の元を製造。
そこにさらに麹、蒸米、水を加えていき、数段階に分けて仕込みを行います。
発酵が進んだ状態が“もろみ”です。
もろみを絞り、日本酒と酒粕へと分類。
日本酒をろ過し、熱を加えて殺菌処理を施します。
それを熟成させ、さらに熱を加えて完成です。

こうして作られた日本酒は、スッキリとした口当たりで爽やかな香りや味わいのお酒となります。
使われる原料や精米歩合により濃厚さやコクも感じられるお酒へとなりますが、アルコール度数が比較的低めなので、初心者の方でも飲みやすく感じられるでしょう。

日本酒の歴史がいつから始まったのか、定かではありません。
魏志倭人伝や日本書紀に日本酒と思われる記述があるとされていますが、これも明確に現在の日本酒へと繋がっているお酒なのかは不明です。
現在の日本酒作りに通じるものとしては、7世紀ごろにはその存在があったと言われています。
平安時代の“延喜式”と呼ばれるものに現在の日本酒とほぼ同じものが記載されていることから、10世紀には確実に存在していたと言えそうです。

日本酒の平均買取額

日本酒を買い取っている業者でも、あまり安いお酒は買い取らないというところが多いですね。
そのため、日本酒の買取価格の最低ラインは2,000円前後となるでしょう。
それ以上安いものは、基本買い取らないという業者が多いのが現状です。

非常に希少な日本酒であれば、買取価格はもっと上がります。
もうほぼ手に入らないものであれば数十万円の値が付けられることもあるでしょう。
ただ、いわゆる高級日本酒と呼ばれるものの平均買取額は、2〜3万円ほどが相場となっています。

有名な陶芸家が手がけた容器に入っている日本酒は、15〜20万円以上で買い取ってもらうことも可能です。
「ちょっと普通のボトルとは違うぞ」と感じたら高価なものかもしれないので、お酒買取業者に査定してもらいましょう。

高額買取が期待できる日本酒

お酒の中ではあまり高くは売れないと思われがちな日本酒ですが、需要が全くないわけではありません。
持っていれば確実に高額にて買い取ってもらえる代表的な日本酒を紹介していきましょう。

黒龍

『黒龍』という日本酒があります。
これを作っているのは、福井県にある黒龍酒造株式会社。
この会社の看板商品であることがわかりますね。
とても質が高く、美しい味わいを演出することで知られています。
愛飲家ももちろん多いのですが、日本酒初心者にも好まれる味や香りを作り上げている点も特徴的です。

『黒龍』の中でもとりわけ高額買取が期待できるのが、“無二シリーズ”ですね。
このシリーズは2012年〜2015年までに醸造されたお酒を熟成させて作られています。
どの年のものも8万円前後の査定額を付けてもらうことができるでしょう。

その他、「黒龍 石田屋」や「黒龍 二左衛門」は1〜2万円程度の買取価格が相場となっています。

十四代

高級日本酒の代名詞的存在が『十四代』です。
日本酒の買取を行っているほとんどの業者は、この『十四代』が欲しくて欲しくてたまりません。
製造しているのは山形県にある高木酒造。
創業は1615年と、非常に長い歴史を持っている酒蔵です。

最も高く売ることができるのが「十四代 龍泉」です。
この日本酒の買取価格は、なんと20万円以上。
一般の家にあるのは奇跡のようなものですが、探してみる価値は十分にあるでしょう。

10万円近くの金額で買い取ってもらえそうなものには、「十四代 龍月 七垂二十貫」、「十四代 白雲去来」、「十四代 双虹 斗瓶囲い」などがあります。
十四代は数万円台での買取となる日本酒がたくさんあるので、ラベルのどこかに『十四代』の文字があったら、迷わず買取業者へ査定依頼を出してみてください。