『酒買取サービス』とは?|買取の種類についても解説

サイト紹介

不要なお酒の処分に困っている方はいませんか?
このサイトでは、そのような方たちに役立つ、お酒買取サービスの情報を提供していきます。

「お酒の買取サービスとは何か」、「高く買い取ってもらえるお酒はどのような種類か」なども解説。
サービス利用前に知っておきたい買取の流れや、買取方法の種類も説明します。

高値で買い取ってもらえる方法やコツも紹介するので、買取サービスの利用が初めての人でも、不要なお酒をお得に処分する方法がわかりますよ。

また、誰もが安心して利用できる買取業者もご紹介。
店舗情報だけではなく利用者の声なども掲載するので、業者選びの際にぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

酒買取とは?

お酒買取サービスというのは、不要になったお酒を買い取ってくれるサービスのことです。
このサービスを専門的に行っている業者がおり、個人や飲食店などから不要なお酒を買い取ることで、このサービスが成り立っています。
お酒買取サービスを利用する人はさまざまです。

例えば、

  • 買ったけれども飲みそうもないお酒が家にある人
  • 引越しや部屋の片付けをするため、飲まないお酒を処分したい人
  • すぐに使える現金を手に入れるために、お酒を売ろうと考えている人
  • 健康のために禁酒したいと考えている人
  • 店じまいをするため、残ったお酒を売りたいお店

など、どのような理由でもお酒を売ることができます。
お酒買取サービスなので、お酒を売った人は、買い取った業者から現金を受け取ることが可能です。
お酒には賞味期限がない事が多いので、自宅に寝かせているよりは売ったほうが良いですよね。

酒買取の流れ

お酒の買取サービスを利用する時の流れを説明しましょう。

  1. 買取業者の選定
  2. 買取業者へ査定依頼
  3. 正式な買取依頼
  4. 買取成立
  5. 現金を受け取る

業者や買取方法によってもう少しステップが減ったり増えたりすることがありますが、大体このような形で買取作業が行われます。

酒買取サービス利用のメリットデメリット

お酒買取サービスは、利用してみればそのメリットがわかります。
まだ利用したことがない人のために、このサービスのメリットを説明しましょう。

  • 不要なお酒を現金に換えることができる
  • 買取方法によっては、家から出ずに買取サービスを利用することができる
  • 業者によっては、空のボトルや箱なども買い取ってもらえる
  • ネットで個人で販売するよりもリスクや手間がかからない
  • 思いがけない高値で売れることがある

人によっては部屋にスペースが空いたり、禁酒に成功しやすくなったりなどのメリットもあるでしょう。

では、お酒買取サービス利用にデメリットはあるのでしょうか。
この点についても少し考えてみます。

  • 業者によって買取価格が違うので、業者の選定が少し難しい
  • 買取方法によっては、少し手間がかかると感じる人もいる
  • お酒に詳しくない人は、安く買い取られてしまうリスクもある

業者選びに関しては、このサイトで紹介する業者の中から選べば、買い叩かれる心配はありません。
手間を感じるといっても、それは最初だけ。
慣れればむしろ「こんなに簡単に現金化できるのか」と感じるでしょう。
お酒買取サービスには、あまり大きなデメリットはないと考えておいて大丈夫です。

酒買取の種類

お酒の買取を行う業者の多くは、複数の買取方法を用意しています。
主に採用されている買取方法を、それぞれの利点や欠点などと一緒に説明していきましょう。

宅配買取

「宅配買取」は、お酒を売りたい人がダンボール箱などにお酒を梱包し、買取業者へ配送して買い取ってもらう方法です。

実際に配送するのは宅配業者なので、お酒を処分したい人は梱包作業と宅配業者に渡す作業さえ行えばOK。
ただ、突然業者に送りつけてはいけません。
事前に連絡を入れ、仮査定をしてもらってから配送してください。

宅配買取のメリットは、家から出る必要がないことです。
買取業者とも顔を合わせずに済みます。
日頃忙しい方や人見知りをする方などは利用しやすいでしょう。

デメリットは、梱包作業に少し手間がかかる点ですね。
業者と直接顔を合わせないので、買取金額の交渉などがしにくいところにデメリットを感じる人もいるかもしれません。

店頭買取

「店頭買取」は、お酒を売りたい人が、お酒買取サービスを行っているお店やオフィスなどに出向いて買い取ってもらう方法です。

こちらは突然行ってもOKなお店と、「来店前にご連絡ください」と断りを入れているお店があります。
店頭買取を利用したい業者が決まったら、ホームページなどで改めて確認しておきましょう。

店頭買取のメリットは、業者のスタッフと直接交渉できるところ。
交渉次第では、買取金額をアップさせてもらうことも可能です。
その場で現金を受け取れるのも、利点の1つとなるでしょう。

デメリットは、重いお酒を店頭まで運ばなければいけない点です。
特に売りたいお酒の量や本数が多い人は大変に感じるかもしれません。
買取不成立となった場合は、それを自宅に持って帰らなければならず、さらに大変。
お酒買取業者のお店やオフィスに入るので、知り合いに見られたくない人も注意したいですね。
また、家の近くに買取業者がない場合は、この方法を選択できなくなってしまうという欠点もあります。

出張買取

「出張買取」は、買取業者のスタッフに家などまで来てもらって買い取ってもらう方法です。

出張買取を利用したい場合は、この買取方法を採用している業者へ連絡を入れて、日時などを指定し予約を入れます。
事前に査定を受ける必要がある点は宅配買取と同じです。
金額や量・本数によっては出張買取に応じてくれない業者があることも知っておきましょう。

出張買取のメリットは、店頭買取同様に業者のスタッフと直接会話や交渉ができるところにあります。
買取金額アップや、査定額の内訳、理由などの確認が可能です。
また、宅配買取同様に、家から出ずにお酒を買い取ってくれる点もメリットでしょう。
手放したいお酒が大量にある場合、持っていく必要も梱包する必要もないので、かなり楽に買い取ってもらうことができるはずです。

デメリットは、業者によって出張範囲が異なるケースがあるところ。
「東京都内のみ出張可能」としている業者があったり、「離島は除く」としている業者もあります。
気になる業者があったら、自分の住んでいるところでも出張買取が可能かどうか、事前に確認しておきましょう。

ちなみに全国展開されている業者さんとしては、ファイブニーズさんが有名です。
東京都の場合、平均買取金額はワインだと18000円前後になるようなので、高価買取が期待できますね。

東京都での平均買取金額で最も高いものはワインの18,000円です。2位は日本酒の15,500円です。3位はシャンパンの9,600円となっております。
引用:sakekaitori.com

いかがでしたでしょうか。

特にいま「禁酒」が世界的なブームになっています。
1か月の禁酒で肝臓が劇的に機能回復したという医学的なデータもありました。
イギリスでは「DRY JUNUARY」という「1か月禁酒イベント」が盛り上がっていたり。
「禁酒のために不要なお酒を売りたい」という方にとって、酒買取サービスは最良の手段になるのではないでしょうか。